2012年10月31日

秋の黄砂。アレルギー。

以前にも書きましたが、秋に入ってアレルギー症状を訴えて受診された患者さんが増えてきました。

以前の記事はこちら → 連休明け・・・
 
そして先日、製薬メーカーの営業さんが持ってきてくれたお勉強資料によると・・・。
ムムム、秋も黄砂が少なからず飛んでいると。

2012-10-22_09-29-03_104

 いつも春に花粉症でつらい思いをされている方。
そろそろマスクをつけたほうがいい季節です。

冷たい風は大敵ですよ。アレルギーの症状をひどくしやすいですし。

2012年03月24日

「都会の花粉」は凶悪みたい・・・。

どーも、森田です。

ここのところ花粉症の症状がでてきて辛いと感じるせいか、花粉症に関することが気になってしょうがないですね。

今日は、こんな話。

アジュバントが凶悪化させた“都会の花粉”が “田舎の花粉”よりヤバイ理由 日経トレンディネットより

以下引用です。
  花粉症と同じく、アレルギー性疾患の1つである『喘息』に関する動物実験が行われています。アジュバント物質の代表格であるディーゼル排気微粒子(DEP)、いわゆるディーゼル粉塵をアレルゲンと一緒に与えると、与えない場合に比べて、喘息の症状が出る際に認められる炎症細胞の数が7、8倍に増えます。指標となる物質によっては、約20倍に増えるものもあります。ですから『アジュバントはアレルギー反応を10倍、20倍に悪くする』という表現は、まちがいではありません
これ、昨シーズンの記事なんですが、テレビでも特集していたのをみました。

これからは、花粉とさらに黄砂も飛んできます。
あぁ、家から出たくないですね。

薬局らしく、お話さしていただくと。
やっぱり、アレルギーの薬っていうのは、ホントの症状を抑えたいと思っている時期の2週間ぐらい前から、薬を飲んでおくのがやっぱり一番いいわけで。

この時期だと症状はもう出てしまっている方がほとんどだと思います。
しかし、まだ花粉の時期は続きますし、黄砂もやってきます。

今からでも薬をつづけて飲んだほうがいいんじゃないかなぁ・・・と思います。