2012年10月04日

RSウイルス感染症が流行っています。もう一度。

9月14日のブログで・・・
RSウイルスが流行ってます。(サザン薬局のブログより)

もう一度。
RSウイルスがすごいです。

RSウイルス感染症が急増 冬場にかけての増加に注意(薬事日報)

 
www.nih.go.jp/niid/images/idwr/kanja/idwr2012/idwr2012-37.pdf via kwout

国立感染症研究所 感染症情報センターからの画像です。
こうやって見ると、流行っているのがわかります。今までにない報告数の伸びです。

ご注意を。


そして、冬が近づき始め流行が始まるもの。
インフルエンザ以外にも・・・。
●溶連菌感染症
●水ぼうそう
●マイコプラズマ肺炎
●ウイルス性胃腸炎

国立感染症研究所 感染症情報センター → http://www.nih.go.jp/niid/ja/from-idsc.html
2012年06月04日

風疹が流行の兆し?・・・yomiDr.より

なんだか、風疹が流行ってきているようです。

この記事では、関西を中心にという話ですが、今や日本国内どこでもすぐに行き来ができる時代ですもんね。
注意は必要です。

風疹流行の兆し・・・近畿中心、厚労省注意呼びかけ

以下引用
 国立感染症研究によると、今年に入って5月23日までの患者数は全国で205人と、昨年同時期の2倍近い、都道府県別では兵庫県が62人と最多で、大阪府46人、東京都28人、京都府12人と続いている。患者の7割以上じあたる153人は男性で、20~40代の発症が目立つ。

ということです。
 
風疹は妊娠初期の方が感染すると、胎児がウイルスに感染して難聴、心疾患、白内障、精神運動発達遅滞をもった、先天性風疹症候群児が出生する可能性がありますので、妊娠初期の段階にあるかたは、とくに注意が必要です。

ウイルスによる感染ですので、インフルエンザの時期なんかによく言われる、感染予防の方法が効果的です。
うがいとか、手洗いとかマスクですね。

全国的にも昨年より多いみたいですから、皆さん注意、近くに妊婦さんがいらっしゃいましたら、とくに注意を促してください。

 国立感染症研究所 感染症情報センター → 風疹Q&A

2012年03月05日

「カゼミルPLUS」・・・風邪の流行りぐあいをチェック

森田です。
今日は、役に立つサイトのご案内です。

まだまだ寒い日が続いています。風邪はひいていませんか?



ツイッターを利用して、どのくらい風邪が流行っているかを確認するツール

「カゼミルPLUS」  エスエス製薬

ツイッターの風邪に関するつぶやきを集計して、エリアでどのくらい風邪の話題があがっているかで、流行り具合を分析しているツールです。

・宇宙的なその表示方法もかっこいい。
・喉が痛いっていっても、カラオケで喉が痛いのか、風邪によるものかを分けて分析してくれるのもすごい。
・天気予報で風邪に関するつぶやきがどのくらい増えるかを予測。1週間後ぐらいまでは、そのくらい風邪ひきさんが増えるかを予想できるっていうのもすごい。
・ツイッターをしている人はアカウントを登録しておくと、自分の身近な人がどれくらい風邪にかかっているかを教えてくれてすごい。

分析も都道府県ごとに分かれているので、出張先や、地元の風邪の流行りぐあいなんかも確認できますね。


これは、おもしろいし役に立つと思いましたので、ご紹介しました。


あなたのまわりの風邪話題度をチェック! → 「カゼミルPLUS」

2012年01月24日

インフルエンザが流行しています!

インフルエンザの患者さんが、どこの医療機関でも増えているようです。
マスク、うがい、手洗いは、引き続き予防のためにつづけてください。 

こんにちは。森田です。

今週がピークでしょうか?
東京都感染症情報センターのホームページから、毎年のインフルエンザの流行をみたグラフによると、東京では毎年4~6週目がピークらしく・・・。
今週は5週目です。

もちろん、冬の間は警戒が必要ですが、今が一番確率的にかかりやすい、今が防御の時です。

みなさん、ご注意を!

東京都感染症情報センター インフルエンザ流行状況
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/swine-flu/hasseidoko/tokyo11-12.html 

2011年11月05日

吉祥寺店でインフルエンザが…

こんにちわ。森田です。

先日吉祥寺店にて、1件インフルエンザの薬がでたとの話がありました。
まだまだ流行とは言わないですが、近辺の町田や調布でも何件か薬が出たようですし、
練馬でもあったと聞きました。

12月に入ると小流行が毎年おこります。
予防接種はしましたか?

毎シーズン、テレビのニュースなどで放送していますが、
インフルエンザウイルスは飛沫感染なので、手洗いとうがいが効果的です。
あと、粘膜に付着したからって感染ってわけではありません。
体力があり、免疫が弱っていなければ、発症しません。なので、疲れをためないように、規則正しい生活を送ることが必要です。