2012年10月09日

東小金井 口腔リハビリテーション多摩クリニック

東小金井の南口に素敵なクリニックができているのが、中央線に乗っていると見えますが・・・

口腔リハビリテーションクリニック

入口に貼ってあるお知らせによりますと・・・

10月18日に診療開始だそうです。

口腔リハビリテーションってことで、
摂食・嚥下機能 (噛む、飲み込む機能)
言語機能 (しゃべる機能)
を専門にリハビリテーションを行うクリニック、だそうです。


飲み込むことに関していえば、薬だってゴックンするのは大変です。

錠剤を口の中で溶けるタイプのものにしたり、
とろみをつけて、むせにくくしたり、
飲み込むときの姿勢など、

薬剤師もお手伝いできることがあるかもしれません。

市内にいいクリニックもできますし、小金井市は住みやすくていい街です。
サザン薬局もありますよ~。


関連記事
『嚥下』読めますか?『嚥下』の勉強会に行ってきました。 2011年11月13日

雑誌・新建築より コートローレル・にしくぼ診療所 2012年3月21日


小金井リハビリテーション病院:東八道路 2012年5月14日



2011年11月13日

 『嚥下』 読めますか? 『嚥下』の勉強会に行ってきました。

こんにちわ、森田です。

読売新聞にも出ていたそうですが、2012年秋、東小金井南口に「口腔リハビリテーション」施設ができるそうですね。
日本歯科大学っていうことですから、あのグラウンドのところかな。

金曜の夜、「嚥下」の勉強会に出席してきました。

読めます →『嚥下』



「えんげ」ってものを口に運んで、ゴックンして胃の中に入れる動作のことです。
意識しないですけど、この嚥下、ものすごく高度な動作なんです。
空気が入るところと、食べ物が入るところは同じ入りぐちで、それぞれ肺と胃に間違えないようにいれるって考えるだけでも良く間違えないな…って思いますけど、さらに、おしゃべりしながらつぎつぎ食べたり飲んだり、そして笑ったり・・・。

それでも、空気と食べ物は間違わないで別々のところに入って行くんです。
こう考えると、ものすごく高度なんだなって感じます。
たまに、間違ってむせることもあるんですけどね。

これ、筋肉やら姿勢やらいろいろ影響するんですが、おおむね年齢が進むにつれて、失敗する、つまりむせる確率が上がってくるらしいんです。
ほんで、食べ物が肺の方に入っちゃうと、免疫力なども関係するので、そこから肺炎になる確率も上がってくる。

こうやって、誤嚥性肺炎って肺炎になっちゃうんです。

また難しい漢字・・・「ごえんせいはいえん」誤って嚥下しちゃったせいで、肺炎になるってことです。

この肺炎での死亡率が高いので、それを少しでも防ごうよ。っていう講演を聞いてきたんです。



お薬のむとき、飲みにくいことはありませんか?

錠剤が大きすぎる。
ゴックンしても錠剤だけ口の中に残る。

気にしていること、困っていること、不思議に思っていることは気軽に、いつでもご相談ください。

口の中で溶ける錠剤に替えたり、とろみをつける方法や、飲み込む時の姿勢など、
私たちがお役に立てることもあるかもしれません。