2012年05月25日

子宮頸がん・ヒブ・肺炎球菌ワクチンについて


yomiDr. 子宮頸がん・ヒブ・肺炎球菌、公的摂取拡大へ

 厚生労働省は、この3つを定期予防接種にしてくれようと考えているみたいですね。
素直にうれしいニュースです。

昨年度から補助が始まっています。そして、現在は平成25年の3月まで費用を助成してくれます。
ちょっと前まで、皆さん自費で支払っていたわけで・・・。

結構かかってましたよね。ちょっと今月は親だけでも質素にしようと考えてしまうぐらい・・・。

んで、結局窓口でいくら払えばいいのか?ってことなんですけど。
小金井市のホームページは書いてくれていませんでしたので、調べてみました。 

ホームページではなく、今年4月の市報に載ってました。
 ヒブワクチンは自己負担額900円、小児肺炎球菌ワクチンは1100円、子宮頸がんワクチンは1600円です。

市報のアドレスはこちら
http://www.city.koganei.lg.jp/news/shihou_koganei/pdf/20120401/20120401_080.pdf#search='肺炎球菌'

 ちなみに、サザン薬局の店舗がある武蔵野市、杉並区も調べましたよ。
こちらはホームページにきちんと書かれてました。

武蔵野市 → ヒブワクチン800円、小児肺炎球菌ワクチン1000円、子宮頸がんワクチン1500円。
杉並区 → ヒブワクチン無料、小児肺炎球菌ワクチン無料、子宮頸がんワクチン無料。 

だそうです。違うんですね。

摂取できる状態にある方は、やはり摂取して欲しいと思います。 
せっかく助成がでているんですから。

森田でした。 

過去の関連記事

ポリオ不活化ワクチン
2012年04月26日

ポリオ不活化ワクチン

ポリオ不活化ワクチン 4月中に承認・・・厚労相



いよいよですね。去年の段階では、今年の秋を目標にしていたらしいのですが、早まりました。
このニュースは20日にでたので、ポリオの摂取控えが今月は始まっているそうです。

4月中に・・・って、もうちょっとじゃないですか。

そりゃ、副反応がすくない、不活化ワクチンのほうがいいと思っちゃいますよね。

ポリオワクチンの基礎知識 厚生労働省