2012年10月09日

東小金井 口腔リハビリテーション多摩クリニック

東小金井の南口に素敵なクリニックができているのが、中央線に乗っていると見えますが・・・

口腔リハビリテーションクリニック

入口に貼ってあるお知らせによりますと・・・

10月18日に診療開始だそうです。

口腔リハビリテーションってことで、
摂食・嚥下機能 (噛む、飲み込む機能)
言語機能 (しゃべる機能)
を専門にリハビリテーションを行うクリニック、だそうです。


飲み込むことに関していえば、薬だってゴックンするのは大変です。

錠剤を口の中で溶けるタイプのものにしたり、
とろみをつけて、むせにくくしたり、
飲み込むときの姿勢など、

薬剤師もお手伝いできることがあるかもしれません。

市内にいいクリニックもできますし、小金井市は住みやすくていい街です。
サザン薬局もありますよ~。


関連記事
『嚥下』読めますか?『嚥下』の勉強会に行ってきました。 2011年11月13日

雑誌・新建築より コートローレル・にしくぼ診療所 2012年3月21日


小金井リハビリテーション病院:東八道路 2012年5月14日



2012年10月01日

社内研修 接遇・マナー研修を行いました。

こんにちわ。森田です。

先月のことですが、社内研修で『接遇・マナー研修』を実施しました。

マナー・接遇研修

薬局にいらっしゃる患者の皆様は、体調に不安をうったえて来局されます。

病気に対する不安
飲む薬に対する不安
金額に対する不安
 
気持ちが開けている心身の状態でない皆様に接するとき、
少しでも気持ち良くいてもらいたいと、
話し方や言葉遣い、挨拶の仕方を確認しました。

薬の飲み方や、副作用の話など、お伝えしなければならないことが、良くない接遇で色あせてしまわないように。

薬剤師、医療事務の接し方でも、癒すことができると考えています。

薬剤師が難しい言葉をつかったり、思わしくない態度でしたら、
遠慮なく、お叱りください。



2012年08月20日

介護のことを考える

こんな記事をみて、すこし考えました。

入院2年、老親の2000万がなぜ底をついたか(PRESIDENT Online)

“その日”は必ず訪れる。しかし、親が元気なうちに介護のことを考えるのは億劫だ。考えたくないことは考えず、中途半端な情報でタカをくくってしまう。

 それだけに、いざその事態に陥ったときの動揺は大きい。

(本文より引用) 


 元気な親を目の前に、今後起こり得るであろうが、考えたくないことっていうのに取りかかるのは、
勇気も必要ですし、労力も必要です。

親御さんが元気なうちに、ゆっくり話しをする時間は必要だと思いました。
「もしものときになって、子どもなのに自分の親のことを何も知らなかったんだなと考えさせられる」とよく聞きます。
ということは、その「もしも」が来る前にいろいろと親のことを知っていたら、「もしも」が来た時にする後悔が、少なくなるということなんでしょう。

日頃から、在宅訪問してくれている近所のお医者さんを知っておく。
ケアマネージャーさんを知っておく。
親が日頃付き合っている、人間関係を知っておく。
銀行など預貯金のありかを聞いておく。

今はインターネットもありますが、やはり親が生活している環境の近所の方のネットワークを利用したほうが、それぞれのつながりもありますし、よい面もたくさんあると、私は思います。


そうでした、サザン薬局も医療機関です。
(なんか、無理やりな話の展開のようですが・・・)

在宅訪問を行っていますし、それにより往診をされているお医者さんや、ケアマネージャさんともつながりがあります。
少しはお力になれるかもしれません。

気軽に、お話ください。
2012年08月14日

スタッフ勉強会

こんにちは。森田です。
お盆ですが、本日も営業しております。

 ま、お盆中ということもあり、静かな薬局内となっています。
最近は、お盆関係なく診察されている医院さんや、病院も多くなっており、
今日も患者さんが いろんな病院から処方箋を持ち込んでくださいます。

当薬局を、選んでくださってることが嬉しいですね。ありがとうございます。
NCM_0031


さて、そんな小金井のサザン薬局ですが、1週間に一度ぐらいのペースで製薬メーカーさんを呼び製品勉強会を行なっています。

ここ3ヶ月は、
武田薬品、日本新薬、グラクソスミスクライン、バイエル薬品、小野薬品、イーライリリー、持田製薬、ノバルティス、
大日本住友製薬、アステラス製薬、千寿製薬

11製薬メーカーさんに来ていただきました。


薬剤師は、日々勉強しています。
皆さんのいろんな疑問に応えるため。よりよいお薬服薬ライフをお手伝いするため。
薬による副作用を早く見つけて悪化させないため。薬の効果をめいっぱい引き出すため。


ぜひ、薬剤師に質問してください。普段から気になっていることや、友達から聞いたことなど、なんでも結構です。
わからなかったら、調べて薬剤師的思考でお話いたします。

だから、相談だけで来局して頂いても、結構ですよぉ。

8月は通常通りの営業です。お盆の休みもありません。

2012年06月19日

使用済み注射針。回収してますよ!

薬局で、注射の針って回収しているんですよ。知ってました?

まぁ、何本で○○プレゼント!・・・なんてキャンペーンはしていないですけど。

注射針回収

当薬局でお渡しした針だけを回収しているわけではありません。

いつも遠くの病院に通っていて、通院の時に持って行ってるかた。
家が当薬局に近いのであれば、持ってきてください。

血糖測定器など、なんか家に針が置いてあって、どう処分したらいいのかわからないよーってかた。
お待ちしています。 

注射針といえば、インスリンって思いますが、血糖測定のための穿刺に使った針などもOKです。

あ!そうだ。
回収しているだけでないです。ちゃんと空の廃棄用注射針入れもお渡しします。
それだけもらいにいらっしゃってもいいんですよ。

糖尿病手帳なんかも用意しています。
血圧計も待合室に備えています。

 次回は糖尿病手帳を紹介しようかな。

森田でした。
2012年05月18日

お昼の時間帯も営業しています。


4月より、サザン薬局の全店舗ともお昼の時間も営業することとなりました。

小金井店と吉祥寺店はもともと、お昼の時間帯も営業して処方せんを受け付けています。

新たに、杉並の下井草店と浜田山店、吉祥寺の吉祥寺本町店でもお昼の営業を始めたことのお知らせです。

昼なし

 
 近隣医院が診療している時間帯は、薬局も患者さんが集中し、混雑してお待たせしてしまうことがあります。
 
お時間に余裕がございましたら、一度処方せんを薬局にお渡しいただき、近くのヨーカドーや、家がお近くでしたら一度お帰りいただき、お昼の空いてる時間などに受け取りに、ご来局いただくこともできます。

お薬は受け付けた順番に作っていますので、少し時間が経ってからご来局いただいた場合には、すぐにお渡しすることができます。

2012年05月16日

お昼のスタッフの勉強会がありました。

先週の金曜日は、製薬メーカーさんを呼んでの、肺動脈性肺高血圧症の薬の勉強会でした。 

勉強会20120511
 
薬局として、皆さまのさまざまな不安や心配、お薬の質問にお答えできるように、日々勉強です。

お昼の時間帯に、待合ロビーを利用して、こうした勉強会をときどき行なっております。

壁にプロジェクターで資料を映しているため、ブラインドを下げていますが、営業いたしております。
御用の方は自動ドアを開けて中へお入りください。

入り口に
「只今、勉強会を行っていますが、通常通り営業しておりますので、御用の方は中へお入りください」 
と張り紙もしています。