2012年09月28日

10月1日は全国でピンクのライトアップが行われます。 乳がん・ピンクリボンフェスティバル

森田です。

10月1日から
ピンクリボンフェスティバルです。 

「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える」ことの推進プログラムです。
毎年、東京タワーがピンク色にライトアップされた様子がニュースで放送されています。

知りませんでしたが、都庁やレインボーブリッジもライトアップされていたんですね。
昨年のライトアップの様子と今年の予定
 
生涯に乳がんを患う日本人女性は、16人に1人と言われています。乳がんは早期に発見すれば治癒率が高いがんで、90%以上が治ると言われています。しかし乳がんによる死亡数は年々増加しています。 

乳がんは、胃がんや大腸がんのように年齢が高まるとともに増えるがんとは異なり、30代から増加し、40歳代後半という比較的若い世代でピークを迎えています。女性の全年齢層では大腸がんで亡くなる方が多いのですが、乳がんは40歳前後を境に亡くなる方が増えています。 
(ピンクリボンフェスティバルホームページより引用)


40歳以上の女性は、2年に1度乳がん検診を受けることとなっています。

もちろん、20代でも、男性でも、みなさんが関心を持って、理解が深まるといいなぁと思います。

10月1日は都庁がピンクにライトアップされるそうです。身近なところでも、自主的にライトアップしているところもありますかね~。

サザン薬局は、看板などイメージカラーがピンクですが、ライトアップは残念ながらできません。
薬剤師には女性が多いですから、お力になれるかもしれません。

そうだった!
今年は、東京の新しいシンボル『スカイツリー』がありました!
スカイツリーがピンクに・・・乳がん受診を呼びかけ(yomiDr.)
2012年09月26日

今日は自民総裁選で、潰瘍性大腸炎の話

こんにちわ。
森田です。

今日は潰瘍性大腸炎の話。

参照 : 潰瘍性大腸炎_難病情報センターホームページ

症状
便がだんだんゆるくなることが最初の症状のようです。そして、便は出血を伴い、痙攣性の腹痛と頻回の排便をもよおします。下痢は徐々にあるいは全く突然に始まることもあります。症状が重くなると、発熱、体重減少、貧血などの全身への症状が起こります。また、腸管以外の合併症として皮膚病変、眼病変や関節の痛み、子供では成長障害が起こることもあります。 
大腸の粘膜に炎症が起きる病気で、

男性では 20~24歳、
女性では 25~29歳で発症する人が多いようですが、それより若くても、高齢者も発症するようです。

そして患者数も毎年増えています。
原因は不明です。難病指定されています。

お薬を飲んで、一旦症状は落ち着くようですが、再発を繰り返すことが多い病気です。

急な腹痛と下痢など、思い当たる節がなく起きるようなら、一度受診してください。


んで、なんで自民総裁選かってことですが、今回出馬の元首相のあの人にも関係のある話題だからです。
難病指定「潰瘍性大腸炎」は完治したのか(ゲンダイネット)

っていうか、2年前に発売した薬が効いたって、テレビで言ってますね。
出馬安倍元首相「復活」の秘密 2年前発売の特効薬が劇的に効いた(JCASTニュース)
2012年09月25日

医療費 過去最高更新

医療費 37.8兆円 過去最高更新 (NHK NEWSWeb)
厚生労働省によりますと、昨年度・平成23年度の医療費は、概算で37兆8000億円で、前の年度に比べて1兆1500億円、率にして3.1パーセント増加し、平成15年度以降、9年連続で過去最高を更新しました。
(中略)
 一方、国民1人当たりの医療費の平均は、前の年度から1万円増えて、29万6000円となりました。
(中略) 
厚生労働省は「高齢化が進んでいることや、医療技術の高度化が背景にある。この傾向は今後も続くことになるだろう」と話しています。

元気な高齢者が増えてきているように思いますが、高齢化も進みますし、先進医療もどんどん進みます。
医療費は、厚労省のいうように増えていく傾向にあるのでしょうね。

薬局でも、ジェネリック医薬品を利用頂いたり、不要な薬がないか相談に乗ったりしています。

ジェネリックはもちろん患者さんの希望に合わせ、希望があればご用意いたします。

薬も、本当にこんなに必要?って思うこともあると思います。
まずは相談してください。

「お医者さんには言いづらいなぁ」って思ったら、薬剤師に相談するのはどうでしょう。
薬剤師があなたに代わって、先生に確認します。

薬の疑問は薬剤師。先生と患者さんの意思疎通を手助けするのも、私たちの役割のひとつですから。

「気になったら、なんでも聞いてぇ」の薬局です。


2012年09月24日

敬老の日。

森田です。

9月17日は敬老の日でした。
小金井市の90歳以上の方は、1103名だそうです。男性は25%。
女性は元気です(^^)

2006年の敬老の日の時は、90歳以上の方が894人だったそうですから、長生きの人が随分増えました。

薬局って、病気の人が来るところっていうイメージがありますよね。
だから、みんな病気でつらそうにしているイメージ・・・。

実際はそうでもないんです。
もちろん、風邪などでツライ方もいらっしゃいます。
でも、定期的に薬をもらって飲んでいますがコントロールができていて、精神的にはバッチリ元気!!って方が多いのです。

だから、意外と雰囲気が明るい。
ちょっとバタバタして忙しい時なんかは、「頑張ってね」なんて元気もらったりして・・・。
「旅行行ってきたんだよ。」なんてお話されると、「へぇ、元気ですねぇ。」なんてほんわか答えたりして・・・。

『高齢化社会』ってテレビでは、暗いイメージで言ってますが、ココではそんな雰囲気ではありません。

サザン外観

2012年09月21日

9月22日は小金井市休日当番薬局です。

明日、9月22日は小金井市の当番薬局のため、営業いたします。

ちなみに、近隣医院は

「こがねい耳鼻咽喉科」様 9:00~17:00
「野村医院」様 9:00~21:30

の時間帯で休日診療を行っています。

処方せんはどこの医療機関のものでも受け付けます。

22日の営業時間
 9:00 ~ 21:30

サザン薬局
小金井市本町6-5-3 シャトー小金井1階
042-388-4229
2012年09月14日

RSウイルスが流行ってます。

森田です。

RSウイルスが流行っています。
RSウイルス感染症が急増 都が予防呼びかけ(産経ニュース)


主に2歳以下の乳幼児が感染する感染症です。
症状は呼吸器症状など。呼吸器症状などで死亡例もあるので、注意が必要です。

RSウイルス感染症(gooヘルスケア)

治療は主に対症療法。
つまり熱が出たら解熱剤、咳がでたら咳止め。と症状を楽にすることが目的の薬で、体力の消耗を抑えます。

感染力が強いので、お父さん、お母さんが持って帰ることも・・・。

乳幼児がおウチにいらっしゃる方、お孫さんが来るよって方。
すぐにでもスリスリしたい気持ちはわかりますが、まず帰ったら、手洗いとうがいをお忘れなく。